青春18切符でひとり旅

瀬戸大橋を渡って四国へ

ひとりで旅行に行くのが好きで、お金が貯まると有給を利用して旅行にいっていたのです。瀬戸大橋を間近でみたいただそれだけの理由で四国を旅したのです。間近で迫力ある瀬戸大橋をみてぷらぷら街を散策していたら住宅地に一軒のお好み焼き店に入ったのです。ひとり旅をしている話をしたら食後に林檎をもらいお店の人の優しさにふれ、それから愛媛にむかい道後温泉へ、そこでも裸の付き合いと言うか、会話がはずみ遅くまで飲みあかしたりしてひとりなのにひとりじゃない旅行を満喫したのです。翌日また自分のペースでのんびり帰路についたのです。

高山にひとり旅にいく

奥飛騨温泉で旅館のバイト経験があり、お世話になった旅館の人たちに会いに高山にいったのです。旅館ではバイト時代の思いで話をしたり、はじめてお客としてご飯をいただいたり、久々に旅館の人と露天風呂に入ったりと旅館でのんびりしたのです。短い時間でしたが旅行の人たちと別れた後は、高山にもどり朝市にいったり、高山の街並みを散策し人気の飛騨牛の握りを堪能したり、酒造にいって新酒をいただいたりと満喫してきたのです。帰りの電車は旅館の人たちを思いながら、バイト時代にまかないでよくでた赤かぶ漬けをもって帰ったのでした。

ここから千葉行きのタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。