舞鶴市の海軍にまつわる建造物と、歴史にまつわる建造物について

赤レンガの街・舞鶴市は海軍ゆかりの地でもある

京都府の京都市には古き良き日本の風情を味わえる観光スポットが多数ありますが、それ故に京都観光を行っていると京都市内ばかりに足を運んでしまう、という方は多いのではないでしょうか。そこで京都の京都市とは違う魅力に触れたいと言う方の為に、京都市から約100km離れた舞鶴市の魅力をご紹介いたします。

まず舞鶴を語る上で欠かせないのが、JR舞鶴駅から車で5分の場所にある赤れんが博物館でしょう。鉄骨れんが造りの建物は、赤れんがの街と称される舞鶴市の中でも最古級の鉄骨れんがでの建造物です。赤れんが博物館の内部には、れんが建造物の歴史、世界各地のれんが建造物に関する展示物が存在しています。舞鶴に派他にも海軍記念館や東郷平八郎官邸など、旧海軍に関する場所が観光スポットとして開かれています。

舞鶴市の歴史的建造物が生み出す古風な趣

歴史の街・京都の一部だけあって、舞鶴市に派京都市内にあるような古風な趣を感じさせる歴史的建造物もいくつか存在しています。中でも観光スポットとしてオススメなのは、市内の鹿原にあるバス停留所を下車後、徒歩で5分ほど移動した場所にある金剛院です。平安時代以来の歴史を持つと言われるこの寺の近くでは、秋に鹿原公園の木々が紅葉に包まれ、それらの紅葉と金剛院の三重塔、本堂が美しい景観を生み出しています。その他、飛鳥時代らいの歴史を持つとされる多禰寺、江戸時代以来毎年5月に独特な宗教行事「仏舞」が行われる松尾寺もお勧めです。

冬になったら茨城のタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

出発前にしっかりチェック!つい忘れがち!?旅の前の確認事項

数日前から計画的に!旅疲れに拍車をかけない帰国時の準備

旅行へ行く前というのは、誰しも、気持ちがウキウキしてしまうものではないでしょうか。

しかし、つい気持ちが浮かれて、やるべきことを忘れて出発しないように、旅行の前に、必要なことをしっかりと確認しておくことが必要です。

まず、数日間家を空けるということで、冷蔵庫の中身のチェックをしておきましょう。生ものは、旅の日数によっては腐敗し、悪臭の原因になります。それと同時に、ゴミも、地域のルールを守って、計画的に出しておくとよいでしょう。楽しい旅を終えて、帰宅した際に、旅の疲れに拍車をかけるような、ゴミの処理の手間を作らないようにしておくと楽ですよ。

最後にやっておきたいことと、出発前にチェックしておくこと

出発日が近くなったら、郵便物や新聞を止めておきましょう。ポストがいっぱいにならないためという理由であると同時に、防犯対策にもなります。ポストにたくさんたまった郵便物や新聞は、今留守であることを泥棒に教えているようなものです。担当の郵便局や、新聞屋さんに連絡をして、旅行中の停止の手続きをしておくとよいでしょう。

また、出発日当日には、家中の鍵がかかっているか確認することはもちろん、キッチンやお風呂場など水周りの水道の蛇口がしっかりとしまっているか、トイレは流しっぱなしになっていないか、電化製品の不要な電源は抜いてあるかどうかなども、しっかりとチェックしておくとよいでしょう。

家族や近隣の人など、信頼できる人に、旅の予定を伝えておくと安心ですよ。

夏になったら静岡のタビマスターズを探して旅に出てみよう。

海外旅行に必要なクレジットカードの代わりになるもの

海外旅行に便利なデビットカード

海外旅行で多額のお金を持ち歩くのに抵抗がある方も多いと思います。それでクレジットカードを持って行く方が増えていますが、クレジットカードを持っていない方や他にも安心できるものを持って行きたい方にはクレジットカードと同じ感覚で利用できるデビットカードがお勧めです。デビットカードならクレジットカードのように審査はありませんし、クレジットカードを持てない方にも申込めます。しかもデビッドカードは利用限度額を設定できるので万が一の盗難や紛失にも安心です。もちろん、海外のATMでキャッシングも利用できるので急な出費に備えておくと便利です。

安心して使えるプリペードカード

また、プリペイドカードもデビットカードと同じように安全に利用できます。デビットカードは利用した金額分が引き落とされますが、プリペイドカードはあらかじめ入金した範囲内で利用できるシステムです。申込みに審査や口座は必要ありませんし、現地通貨の引き出しや加盟店でのショッピングに利用できます。デビットカードやプリペイドカードはつい使いすぎてしまう方に便利なサービスで、クレジットカードだけでは不安な方にもどちらか持っていると安心して海外旅行を楽しめます。海外旅行はついお金を使いすぎてしまいますが、計画的に使う事が大切です。

秋になったら湯梨浜に詳しいタビマスターズを使って遊びに出掛けよう

旅行をしたいのであれば日程を

日程の確保がまずは大事

社会人であれば、日程の確保が旅行ではとても大事なことであるといえます。そうして、ようやく計画を立てることができるからです。事前にどこを休む、ということを決めておかないと、確保しておかないと旅行はできないです。旅行の時期を決めてから休みの申請をする、というのも悪いわけではないですが、どうしてもリスクがあります。或いはある程度決めていて、休みが確実に取得できてから、本格的に旅行先についての手配をする、というのはありです。そうすれば上手く旅行ができるようになりますから、お勧めできる方法であるといえます。

費用的な問題も意外とあります

社会人であれば、それなりにお金を使うことに対して、そこまでの難易度はありませんが、それでもやはりよく計算しておくべきであるといえます。そうしないと余計な出費をすることがあったりします。まず、出費、予算の計画を立てたとしてもどうしても意外とトラブルが起きます。要するに計画通りに行かない、ということです。それでもそれが一つの旅行の醍醐味であることもあります。何事もスムーズに進むことがベストではありますが、それでもやはり何かあったほうが面白いのが旅行というものです。ですから、それも一つの楽しみにしておくとよいです。

こちらのサイトから阿蘇に精通しているタビマスターズを発見して旅を楽しみましょう。

九州最南端駅を目指しての旅行

九州新幹線で鹿児島へ

九州新幹線ができてとてもアクセスが便利になった鹿児島。鹿児島中央駅はピカピカの駅ビルが立派な駅舎でした。絶対に外せないのが桜島です。レンタカーを借りて船に乗り込み、展望台や噴火で埋没した鳥居などを見て回り、またフェリーに乗って市内に帰ります。鹿児島市内の主だった観光地は距離も近いので桜島観光を含んでも半日で巡ることができました。もう一つ楽しみにしていたのが銭湯です。鹿児島の銭湯はほとんどが温泉で、しかも銭湯ごとに泉質が違うという充実ぶりでした。天文館通で美味しい黒豚しゃぶしゃぶを食べ、明日の指宿に向けてホテルへと戻りました。

玉手箱号に乗って指宿、そして枕崎へ

指宿の玉手箱号は人気の特急列車で、桜島を車窓観光しながら趣向を凝らした素敵な列車で鹿児島から指宿まで運んでくれます。車内では記念撮影や限定のグッズ販売などもあり、あっという間の車内でした。指宿では砂蒸し風呂へ。お風呂とはまた違い、芯からじんわりと汗が滲みいつまでもポカポカする、初めての経験でした。その後は枕崎へ。薩摩富士とも呼ばれる開聞岳の素晴らしい景色を楽しみながらののんびりした電車の旅は、車での旅とはまた違う旅情が漂います。途中で停車する山川駅が日本最南端駅です。ずっと憧れていた駅に来られて感動の一日でした。

秋になったら橿原に詳しいタビマスターズを発見して旅行を楽しみましょう。

青春18切符でひとり旅

瀬戸大橋を渡って四国へ

ひとりで旅行に行くのが好きで、お金が貯まると有給を利用して旅行にいっていたのです。瀬戸大橋を間近でみたいただそれだけの理由で四国を旅したのです。間近で迫力ある瀬戸大橋をみてぷらぷら街を散策していたら住宅地に一軒のお好み焼き店に入ったのです。ひとり旅をしている話をしたら食後に林檎をもらいお店の人の優しさにふれ、それから愛媛にむかい道後温泉へ、そこでも裸の付き合いと言うか、会話がはずみ遅くまで飲みあかしたりしてひとりなのにひとりじゃない旅行を満喫したのです。翌日また自分のペースでのんびり帰路についたのです。

高山にひとり旅にいく

奥飛騨温泉で旅館のバイト経験があり、お世話になった旅館の人たちに会いに高山にいったのです。旅館ではバイト時代の思いで話をしたり、はじめてお客としてご飯をいただいたり、久々に旅館の人と露天風呂に入ったりと旅館でのんびりしたのです。短い時間でしたが旅行の人たちと別れた後は、高山にもどり朝市にいったり、高山の街並みを散策し人気の飛騨牛の握りを堪能したり、酒造にいって新酒をいただいたりと満喫してきたのです。帰りの電車は旅館の人たちを思いながら、バイト時代にまかないでよくでた赤かぶ漬けをもって帰ったのでした。

ここから千葉行きのタビマスターズを見つけて旅行へ出かけよう。